都市にひそむミエナイモノ展

コンセプト 開催概要 クリエイター イベント・ツアー お知らせ アクセス

イベント・ツアー

都市にひそむミエナイモノ展

人工生命家族「かぞくっち」31世帯の88日間を振り返る〜彼らは環境からどんな影響を受けたのか、生態学者・伊勢武史と分析する〜

2/24(土) 14:30~16:00

人工生命家族「かぞくっち」31世帯の88日間を振り返る〜彼らは環境からどんな影響を受けたのか、生態学者・伊勢武史と分析する〜

予約受付中! 人工生命家族「かぞくっち」31世帯の88日間を振り返る〜彼らは環境からどんな影響を受けたのか、生態学者・伊勢武史と分析する〜

かぞくっち環境の個体数・出生率・行動の傾向やタイムラプスなど、あらゆる変化を記録したビジュアライザを見返しながら、展覧会期間88日間の31世帯のかぞくっち達の歴史を振り返ります。
環境改変ワークショップの前後の変化の様子を見ながら、環境が与えた影響を、生態学・環境科学が専門の伊勢武史さんをゲストに迎え、一緒に分析していきます。

開催日時:2月24日(土)14:30~16:00
開催場所:SusHi Tech Square 1F プレイグラウンド内(「都市にひそむミエナイモノ展」展示会場)
参加対象:特になし​
※小学生の方は保護者のご同伴をお願いします。​
定員:100名
※事前申込み制、参加上限に達し次第申込み受付は終了します。
参加費:無料
出演者:菅野創(本展覧会クリエイター)、加藤明洋(本展覧会クリエイター)、綿貫岳海(本展覧会クリエイター)、伊勢武史(京都大学 フィールド科学教育研究センター 准教授)
プロフィール
菅野創+加藤明洋+綿貫岳海
自作の機械やロボットを用いた作品を制作する菅野創、ブロックチェーンが作る新たな社会の可能性を探る加藤明洋、群衆シミュレーションの手法で作品を手掛ける綿貫岳海の3名のクリエイターから成るチーム。2022年《かぞくっち》プロジェクトを始動。

伊勢武史
専門は森林生態学とコンピュータシミュレーション。ハーバード大学で学位取得(Ph.D. in Biology)。
地球温暖化から人類の進化まで、人と自然の関わりを考えることがライフワーク。
著書に『学んでみると生態学はおもしろい』『生態学者の目のツケドコロ』など。

イベントに申し込む
イベント・ツアーの一覧へ